高柳健次郎賞・高柳健次郎業績賞

2017年高柳健次郎業績賞 受賞者2矢印 2017年高柳健次郎業績賞 受賞者1矢印 2017年高柳健次郎賞 受賞者矢印 高柳健次郎業績賞 歴代受賞者(別ページ)矢印 高柳健次郎賞 歴代受賞者(別ページ)矢印

目的・詳細

高柳健次郎賞 メダル
メダル
高柳健次郎賞 楯(▼拡大)
楯
高柳健次郎業績賞 楯
(▼拡大)
楯

1. 目的

高柳健次郎賞・高柳健次郎業績賞は、電子科学技術に関する優れた研究により、わが国のこの分野の振興並びに産業の発展に貢献された方々の功績に報い、電子科学技術の更なる発展とその啓蒙に寄与することを目的とした賞です。

2. 表彰内容

1)高柳健次郎賞1件     表彰楯並びに記念のメダル(18K)を贈呈
2)高柳健次郎業績賞 2件     表彰楯並びに副賞として賞金各50万円を贈呈

3. 候補者選考

当財団が定める、選考委員会規則及び高柳健次郎賞・同業績賞選考規程に基づき、選考委員 会で推薦書審査により候補者を選定し、選定候補者から提出された業績内容を審査し、受賞 候補者を内定します。
理事会の承認を経て決定し、11月下旬に結果通知を郵送いたします。

4. 候補者推薦(公募)

1)高柳健次郎賞は、次の条件を満し、人格的にも優れ、わが国を代表する指導的立場の人

・電子工学、情報通信工学及び放送工学などの分野で、特に優れた成果のあった人

・同分野で、技術や産業の発展、研究者の人材育成などに多大な貢献をした人

2)高柳健次郎業績賞は、電子工学、情報通信工学及び放送工学などの分野で、将来性ある研究成果をあげ、技術の発展や産業に貢献した人で、次世代を担うに相応しい人、 概ね、50歳以下とする。

3)候補者推薦者は、候補者が所属または関連する企業・団体等の責任者とします。
故人及び自己推薦は受け付けていません。

高柳健次郎賞 2017年受賞者

高柳健次郎賞 歴代受賞者(別ページ)矢印

「半導体レーザーの梨明期における
先駆的研究開発と産業化への貢献」

須﨑 写真

須﨑 渉
(大阪電気通信大学名誉教授 1938年生)

[学 歴] 1961年  3月 京都大学工学部電子工学科 卒業
1975年12月 東京工業大学工学博士
[職 歴] 1961年  4月 三菱電機株式会社 研究所物理第3研究室
1968年  1月 三菱電機株式会社 北伊丹製作所 半導体研究部 研究員
1973年10月 三菱電機株式会社 北伊丹製作所 電力半導体製造部 製造課長
1975年12月 三菱電機株式会社 中央研究所 光デバイスグループリーダー
1984年10月 三菱電機株式会社 LSI研究所 光デバイス開発部長
1990年10月 三菱電機株式会社 光マイクロ波デバイス研究所 試作部長
1991年  8月 三菱電機株式会社 技術研修所 半導体デバイス教室室長
1994年  4月 大阪電気通信大学教授
2009年  4月 大阪電気通信大学名誉教授、その問2012年3月まで客員教授
  ● 主な受賞等
1980年度 電子情報通信学会業績賞
「単ーモード低しきい値TJSレーザダイオードの研究開発」
1984年     米国Laser Focus誌業績賞
「Laser Technical Achievement Award]
2004年度 大河内生産特賞
『DVD記録用赤色高出力レーザの開発と生産』
2015年度 大河内記念生産賞
「光通信用DFBレーザーの開発と生産技術の確立」
2017年     電子情報通信学会マイルストーン
「室温、連続単ーモード発振の
AIGaAs-GaAs系TJs型半導体レーザ」

主な業績内容

須﨑 渉博士は、三菱電機株式会社(以下、三菱電機)において、光通信や情報記録用途等に実用化されている各種半導体レーザーの基礎となるホモ接合GaAsレーザーの研究開発に、この分野でも早期となる1963年5月から参入した。1967年には、世界で初めてAlを含むAlxGal -xAs系の3元混晶の結晶成長と赤色半導体レーザーの製作に成功した。同年ラスベガスで開催された第1回半導体レーザー国際会議で発表し、大きな反響を呼んだ。その時すでに、GaAsに格子整合するAlGaAs/GaAs二重ヘテロ接合レーザーに適用できると考えていた。その講演を聴いた林厳雄らベル研究所グループのGaAs/AlGaAs系二重ヘテロ構造による室温連続動作(1970年)に大きな影響を与えたことは想像に難くない。

その後、須﨑博士は1968年より半導体レーザーの研究を一時中断して発光ダイオードの開発と生産に携わったが、1971年にはAIGaAs/GsAs半導体レーザーの研究に復帰した。1974年に自身の着想となるTJS(Transverse Junction Stripe)レーザーを同僚の協力により実現し、世界で初めて単ーモード動作を達成した。この頃、須﨑博士はこのレーザーを持って世界中の企業を廻り、マーケット拡大にも尽力した。

次いで、AlGaAs/GaAs系レーザーの寿命の短さを解決する壁の突破に挑戦し、GaAs中に存在する酸素を除去して結晶欠陥の発生を抑えることに気づき、AlGaAs/GaAsレーザーの長寿命化を実現して実用化の決定的な基礎を築いた。また、1982年にはこの頃登場した780nm帯CD用レーザーを製品化し、シャープ株式会社、ローム株式会社などと共に量産の一翼を担った。

これらの業績により、1980年度に電子情報通信学会より業績賞が与えられ、2017年には電子情報通信学会のマイルストーンに選定された。1984年には、単一モード動作レーザーの研究に対して米国の業界紙であるLaser Focus誌より、三菱電機に業績賞が与えられた。また、2015年度の大河内記念生産賞が三菱電機に与えられており、関係者は同博士が開いた道を高く評価している。

須﨑博士は単一モード動作レーザーや長寿命化、更には高出力化に関し、世界の半導体レーザー開拓史の中で、我が国が先導した研究開発の一翼を担った代表的研究開発者の一人で、その流れは三菱電機のみならずこの分野に脈々と活かされている。

高柳健次郎業績賞 2017年受賞者

高柳健次郎業績賞 歴代受賞者(別ページ)矢印

「オープンソースソフトウェアの開発とグローバル展開及び実用化」

藤田 写真

藤田 智成

(NITソフトウェアイノベーションセンタ分散処理基盤プロジェクト主任研究員1974年生)

[学 歴] 2000年 3月 早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了
[職 歴] 2008年 2月 日本電信電話株式会社入社未来ねっと研究所
2005年 3月 日本電信電話株式会社サイバーコミュニケーション総合研究所
サイバースペース研究所研究主任
2011年 7月 日本電信電話株式会社サイバーコミュニケーション総合研究所
サイバースペース研究所主任研究主任
2015年 4月 日本電信電話株式会社サービスイノベーション総合研究所
ソフトウエアイノベーションセンタ主任研究員(特別研究員)
  ● 主な受賞等
2014年10月 日本電信電話株式会社社長表彰
2015年  2月 情報報処理学会ソフトウェアジャパンアワード

主な業績内容

藤田氏は、200O年からシステムソフトウェアのストレージ、及びネットワーク分野において、次々と萌芽的な技術に取り組み、開発したソフトウェアを誰でも自由に利用改良可能なオープンソースソフトウェア(0SS)として公開し、様々な企業の技術者学生などの世界中の開発者を巻き込みコミュニティを形成、開発を主導し、実用化してきた。ほとんどのOSSが広く普及せずに、失敗していると言われるが、それらのソフトウェアは、NTTグループのサービスだけでなく、国際的に多くの企業で利用されている。また、米国のInternet2プロジェクトなど、数多くの学術プロジェクトでも利用されていることに加え、数干の論文で参照されるなど、学術界にも大きく貢献している。

2000年に,汎用のイーサネットハードウェアで動作するストレージエリアネットワーク技術(iSCSIブロトコル)の取り組みを開始、その成果をOSSとして公開し、開発を主導し、Linuxオペレーティングシステムの主要なディストリビューション(配布形態)に採用されるソフトウェアに成長させた。現在では、iSCSIプロトコルは代表的なストレージエリアネットワーク技術として広く利用されており、その普及に大きく貢献したと言える。

2004年頃から、コンピュータのハードウェアリソースを論理的なリソースとして管理するためのオペレーティングシステムの仮想化技術の研究開発を開始、その成果をLinuxカーネルのストレージ領域に適用し、機能開発に大きく貢献した。ブロックSCSIドライバの開発責任者への任命、カーネル開発の方向性に大きな影響を与える重要な世界的な会議Linux Kernel Summitへの招待など、その功績は開発者コミュニティから高く評価された。

2008年に、コンビューティングとストレージの仮想化技術を統合した基盤を実現するために,複数のコンピュータの内蔵ストレージをネット ワークを介して1つの論理的なストレージに合成する技術をOSSとして公開した。グローバルに広く活用されるソフトウェアになっただけでなく、同様のコンセプトを実現するOSSや複数の商用システムが登場するなど、業界に大きな影響を与えた。

2011年から、Softwre Defined Network (SON)と呼ばれる機能・性能を柔軟に変化させることができるネットワークを実現するための研究開発を開始した。20l1年に、高度な制御が可能な新しい制御プロトコルをサポートしたネットワーク装置を管理するためのソフトウェアフ の研究開発を開始した020l 1年に、高度な制御が可能な新しい制御プロトコルをサポートしたネットワーク装置を管理するためのソフトウェアフ レームワーク、2014年には、成長を続けるインターネットやデータセンタの現在の規模に対応できる経路制御ソフトウェアをOSSとして公開した。ネットワーク装置ベンダやソフトウェアベンダも巻き込み、その開発を主導し、SDNの実現に大きく貢献している。これらのOSSは、様々なOSSプロジェクトからアメリ力国家安全保障局まで、多くの組織で利用されている。

高柳健次郎業績賞 2017年受賞者

高柳健次郎業績賞 歴代受賞者(別ページ)矢印

「波面補償を用いたホログラム記録試作ドライブの開発」

星沢 写真

星沢 拓
(株式会社 日立製作所研究開発グループ テクノロジーイノベーション統括本部 部長 1970年生)

[学 歴] 1995年  3月 東京理科大学 理工学研究科 情報科学専攻 修士課程修了
[職 歴] 1995年  4月 株式会社日立製作所入社 マルチメディアシステム開発本部
2007年10月 日立アメ力LTD.出向
2010年  1月 株式会社日立製作所 コンシユーマエレクトロニクス研究所
主任研究員
2017年  4月 株式会社日立製作所 研究開発グループ
テクノロジーイノベーション統括本部 部長
  ● 主な受賞等
2010年11月 International WorkShop on Holograohic Memories &
Display Best Parer Award
2016年  2月 一般社団法人情報処理学会 国際規格開発賞
2016年12月 映像情報メディア学会優秀研究発表賞

石井 写真

石井 紀彦
(日本放送協会 放送技術研究所 新機能デバイス研究部 上級研究員 1969年生)

[学 歴] 2006年 3月 慶雁義塾大学大学院 理工学研究科 博士課程修了
[職 歴] 1993年 4月 日本放送協会入局 放送技術研究所
2012年 6月 日本放送協会放送 技術研究所 チーフエンジニア
2015年 6月 日本放送協会 放送技術研究所 上級研究員
  ● 主な受賞等
2008年 6月 映像清報メテfア学会フロンティア賞

主な業績内容

2018年の4K8Kスーパーハイビジョンの実用放送開始やビッグデータの利用など近年、データ保存に必要な容量は指数関数的に増加している。これら映像データや解析用データは、将来にわたり必要不可欠であるため、大容量のデータを高速にかつ長期保存できる記録装置が必要である。星沢拓氏と石井紀彦氏はこの要求に応える次世代の光メモリーであるホログラフィックメモリーの研究開発を主導的に推進し、試作ドライブを完成させた。

非接触で長期保存可能な光メモリーでの大容量化手法では、多層記録による大容量化が検討されているが、記録層間の干渉により4層程度の多層化が限度と見積もられており、大幅な大容量化は困難である。また、1つのレーザービームで1つのビットだけを記録再生する、いわゆるビットバイビット方式であるため、高速化にも限界がある。

一方、これらの課題を打破できる光メモリーとして、ホログラフィックメモリーが有望視されている。ホログラフィックメモリーは記録データを記録媒体の厚み方向にわたり記録し、かつデータの重ね書き(角度多重記録)ができるため大容量化が見込める。また、数メガバイトの2次元データ(ページデータと呼ぶ)を一括で瞬時に記録再生するため、データの高速転送も可能である。さらに、記録媒体として感光性樹脂を用いることで、50年以上の保存寿命を期待できる。これらの特徴によりホログラフィックメモリーへの期待は大きく、実用化に向けた研究が盛んになされてきたが、これまでの光メモリーとは記録再生の原理が大きく異なるため課題も多く、テラバイト級の大容量かつ高速記録可能な実機としてドライブ開発に成功したグループはない。

両氏は、以下に述べる複数のコア技術を開発・採用することで、テラバイト級のデータ記録可能なホログラフィックメモリーの試作ドライブを完成させた。

星沢拓氏はRLL(Run Length Limited)高密度記禄とRLLターボ復号による大容量化、さらに参照光角度サーボによる高速化を進めた。記録媒体中のホログラム寸法を小さくするため、RLL変調を用い、ホログラム寸法を従来の1/2とし、さらに誤り訂正能力に優れたターボ復号の一部とすることで、高密度化によるSNR(Signal To Noise Ratio)の劣化を補う技術を開発した。これにより容量2テラバイトに必要とされる1平方インチ当たり2.4テラビットの記録密度での記録再生を実現した。また、角度多重方式のホログラフィックメモリーでは、高SNRでの再生を行なうために、参照光入射角の制御を短時間で高精度に行なう必要がある。そこで参照光入射角と最適角との相対誤差を光学的に検出し、0.003度以下に角度調整するサーボ技術を開発し、秒速1ギガビットでの記録再生を実現する目処を得た。

石井紀彦氏は波面補償技術による再生SNR向上と8K映像の記録再生を実現した。ホログラム記録媒体では、微小な体積変化を生じ、良好な再生光を得られない。この現象を補償するため、波面補償を検討した。シミュレーションから効果を推定し、実験から誤り率を60%程度低減できることが分った。これにより波面補償技術の有用性を確認できた。さらに、これらの技術を合わせたドライブを使用して、85Mbpsの8Kスーパーハイビジョン圧縮映像を記録し、リアルタイムで再生することにも成功した。

今回開発した技術により、保存すべきデータ量の増加という課題に対して大きなソリューションを提供するとともに、本装置の開発は放送業界、映像閏連産業、IT関連企業などの発展に寄与できるため、幅広い分野において大きな波及効果も期待される。