科学放送高柳賞

歴代受賞番組(別ページ)矢印 入賞番組の一般公開矢印 2021年受賞番組矢印

目的・詳細

科学放送高柳賞 楯(▼拡大)
科学放送高柳賞 楯

1. 目的

科学放送高柳賞は、科学技術の振興とその知識の向上に役立つ優れた科学放送番組を奨励し、番組内容の向上に寄与することを目的とした賞です。

2. 表彰内容

1)最優秀賞 1件     表彰楯を贈呈
2)優秀賞2件     表彰楯を贈呈

3. 番組審査

当財団が定める、審査委員会規則及び科学放送高柳賞審査規程に基づき、審査委員会で審査し、受賞番組及び放送局を内定します。
受賞番組及び放送局は理事会の承認を経て決定し、11月下旬に結果通知を郵送いたします。

4. 番組応募(公募)

国内の一般視聴者を対象とした、地上波、BS、CS,CATV等で放映された、次に該当するテレビ番組を対象とします。

1)新しい科学や技術・技能の振興に役立つ番組
2)科学技術の理解、知識の普及向上などに役立つ番組

3)新しい放送技術、番組構成あるいは新規テーマ等によって制作された番組など

・応募は、番組を放送した放送局からの応募とし、1放送局2番組までとします。

・所定の応募用紙に記入し、CMカットのDVDを同封の上、当財団宛て発送してください。

・公益財団法人放送番組センターが運営する放送ライブラリーの施設内で一般公開することを目的として、入賞番組を同センターに提供することを予めご了承ください。
なお、保存・公開に関する権利処理等が必要となった際には、放送番組センターとの間で協議させていただきます。

2019年度 高柳健次郎賞 贈呈式で記念講演された餌取章男委員長の「科学放送賞50年」の講演資料を掲載しました。資料へ >

科学放送高柳賞 2021年受賞番組

歴代受賞番組(別ページ)矢印

番組名「NHKスペシャル 被曝の森2021 変わりゆく大地」
●放送局:日本放送協会    ●放送日:2021年5月9日(49分間)

番組 写真

大量の放射性物質の拡散によって無人となった「被曝の 森」。水田や畑が荒れ果て草原や林となり、イノシシやアライ グマ、キツネなどの野生動物が闊歩。森の奥にツキノワグマ が進出してくるなど、この10年で生態系が様変わりした。

科学者と住民による地道な調査・研究からは、被曝のメ カニズムの解明も進む。マツの形態異常が放射線によって 起きるメカニズムの一端が初めて解明。被曝によって、イノ シシやネズミ、そしてサルの体内で何が起きているのか、細 胞・遺伝子レベルで徐々に見えつつある。

一方、避難解除によって「被曝の森」の一部に少しずつ人 が戻り、未来への模索も始まった。 チェルノブイリ、スリーマイルとともに世界の注目を 集める福島。 汚染地帯にカメラを入れ、10年見つめ続けた記録から、未曾有の災害によって、世界に類をみない道を歩む「被曝の森」の 実像に迫っていく。

番組名「よみがえれ神の鳥 特別編」
●放送局:長野朝日放送株式会社    ●放送日:2021年2月21日(55分間)

番組 写真

絶滅の危機に瀕しているニホンライチョウ。半世紀 前に絶滅したとされていた中央アルプス・木曽駒ケ岳 で、2018年1羽の雌が確認された。別の山から飛来 しすみ着いたとみられる。この好機を逃さず環境省 は、2020年夏、人の手により中央アルプスでライチ ョウの群れを復活させる前代未聞の作戦に打って出 た。

作戦を指揮するのは、ライチョウ研究の第一人者・ 信州大学の中村浩志名誉教授(73/当時)と、その弟 子で環境省の小林篤専門官(33/当時)。雌が抱く無 精卵を、動物園などから提供された有精卵と入れ替 えふ化させようと試みるが、全滅。

二段構えの復活作戦は、北アルプス乗鞍岳からライチョウの親子3組をヘリで移送し放鳥するという大がかりな計画だ。果たして 生息域を広げ、群れをつくることは出来るのか。

3000m級の高山でライチョウの保護活動に奮闘する中村。その背景には亡き恩師への思いがあった。人間がもたらした自然環境 の変化によって、生態系に大きな影響を受けた野生の動植物たち。長期にわたり研究者の師弟らがその情熱で繋いできたライチョ ウの保護活動の現場と彼らの思いに迫った。

番組名 「ネアンデルタール人は核の夢を見るか~高レベル放射性廃棄物の行方~」
●放送局:北海道放送株式会社    ●放送日:2021年5月29日(49分間)

番組 写真

去年8月、北海道寿都町と神恵内村で、原発から 出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる核のごみの 最終処分場選定の応募に向けた動きが明るみと なった。応募の賛否で町が分断されていくなか、 町長は「肌感覚では賛成が多い」として、わずか 2か月で応募に踏み切った。

地層処分に至るまでの最終処分の原点に さかのぼり、1980年代に秘密裏に行われた調査や 旧動燃元職員の証言のほか、処分候補地として 南鳥島を最適とする科学者たちの新たな動きを 伝える。NUMOのトップ近藤駿介理事長は、この 提案にある反応を見せた。

寿都町の吉野寿彦さんは、長年の友人だった町議会 議長らのリコール活動を開始。寿都町職員だった大串伸吾さんは反対の立場から、役場を辞める決断をした。彼の息子は住民説明 会で、町長に率直な質問をぶつけた。 平穏に暮らしていた町民は、いま核のごみとどう向き合うのか。 地質や地震の専門家は、 「地下の危うさ」を指摘する。10万年後まで私たちは責任をもって核のごみを処分できるのか。未来に残せない宿題は、私たち国民 全体に突きつけられている。

■ 放送期間/2020年9月1日~2021年8月31日 ■ 応募放送局/9局 ■ 応募番組数/12番組

入賞番組の一般公開

入賞番組は、財団法人放送番組センターが運営する、放送番組専門の公開施設「放送ライブラリー」において、 一般に無料で公開されています。

放送番組専門の公開施設「放送ライブラリー」のご案内
    ●場  所:横浜情報文化センター 8F
神奈川県横浜市中区日本大通11 TEL.045-222-2828
    ●交通アクセス:みなとみらい線 「日本大通り駅」 3番出口(情報文化センター口)直結
JR根岸線・横浜市営地下鉄 「関内駅」 徒歩10分
    ●開館時間:10時~17時 (視聴受付は、閉館30分前まで)
    ●休館日:毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は、次の平日)、年末年始

財団法人番組放送センターの「放送ライブラリー」は、放送法に基づく、わが国唯一の放送番組専門のアーカイブ施設であり、 NHKと民放のテレビ、ラジオ番組とCMを公開しています。 詳細は、ホームページ http://www.bpcj.or.jp/ をご参照ください。