高柳健次郎賞・高柳健次郎業績賞

2016年高柳健次郎業績賞 受賞者2矢印 2016年高柳健次郎業績賞 受賞者1矢印 2016年高柳健次郎賞 受賞者矢印 高柳健次郎業績賞 歴代受賞者(別ページ)矢印 高柳健次郎賞 歴代受賞者(別ページ)矢印

目的・詳細

高柳健次郎賞 メダル
メダル
高柳健次郎賞 楯(▼拡大)
楯
高柳健次郎業績賞 楯
楯

1. 目的

高柳健次郎賞・高柳健次郎業績賞は、電子科学技術に関する優れた研究により、わが国のこの分野の振興並びに産業の発展に貢献された方々の功績に報い、電子科学技術の更なる発展とその啓蒙に寄与することを目的とした賞です。

2. 表彰内容

1)高柳健次郎賞1件     表彰楯並びに記念のメダル(18K)を贈呈
2)高柳健次郎業績賞 2件     表彰楯並びに副賞として賞金各50万円を贈呈

3. 候補者選考

当財団が定める、選考委員会規則及び高柳健次郎賞・同業績賞選考規程に基づき、選考委員 会で推薦書審査により候補者を選定し、選定候補者から提出された業績内容を審査し、受賞 候補者を内定します。
理事会の承認を経て決定し、11月下旬に結果通知を郵送いたします。

4. 候補者推薦(公募)

1)高柳健次郎賞は、次の条件を満し、人格的にも優れ、わが国を代表する指導的立場の人

・電子工学、情報通信工学及び放送工学などの分野で、特に優れた成果のあった人

・同分野で、技術や産業の発展、研究者の人材育成などに多大な貢献をした人

2)高柳健次郎業績賞は、電子工学、情報通信工学及び放送工学などの分野で、将来性ある研究成果をあげ、技術の発展や産業に貢献した人で、次世代を担うに相応しい人、 概ね、50歳以下とする。

3)候補者推薦者は、候補者が所属または関連する企業・団体等の責任者とします。
故人及び自己推薦は受け付けていません。

5. お知らせ
     2016年度の受賞者は決定しました。プレス発表資料へ >

高柳健次郎賞 2016年受賞者

高柳健次郎賞 歴代受賞者(別ページ)矢印

「液晶の基礎物性の解明および
高品位カラー液晶テレビの研究開発に対する貢献」

内田 写真

内田 龍男
(東北大学名誉教授 国立高等専門学校機構顧問 1947年生)

[学 歴] 1970年 東北大学 工学部 電子工学科 卒業
1975年 東北大学 大学院工学研究科 電子工学専攻 博士課程修了
[職 歴] 1975年 東北大学 工学部 電子工学科 助手
1989年 東北大学 工学部 電子工学科 教授
2006年 東北大学 大学院工学研究科 工学研究科長・工学部長
2010年 国立仙台高等専門学校 校長
2013年 国立高等専門学校機構 理事
2016年~現在 東北大学 名誉教授、国立高等専門学校機構 顧問
  ● 主な受賞等
大河内記念技術賞(1986年)、新技術開発財団・市村賞(貢献賞)(1993年)
IEEE(米国電気電子学会)フェロー(1997年) ライフフェロー(2009年)
科学技術振興事業団・井上春成賞(2001年)
Society for Information Display・Jan Rajchman Prize(2004年)
内閣府産学官連携功労者表彰・文部科学大臣賞(2005年)
Society for Information Display・Slottow-Owaki Prize(2008年)
映像情報メディア学会 丹羽高柳賞・功績賞(2013年)
日本放送協会放送文化賞(2014年)
日本液晶学会・功績賞(2016年)

主な業績内容

内田龍男氏は液晶ディスプレイの黎明期の1970年から研究を開始した。当時、液体や有機物は主要な電子工学材料として使われたことがなく、理論や実験手法も確立されていない未踏の分野であったが、液晶の化学合成からスタートし、電子工学材料に必要な超高純度化を達成することから始めている。次いで、基礎物性の解明と共に、液晶ディスプレイの高機能化、高性能化の研究を進め、世界の液晶ディスプレイの研究・開発をリードしてきた。その研究成果は次の2つに大別される。

[1]液晶の基礎物性の解明と制御
  液晶の物性や液晶ディスプレイへの応用がまだ不明確であった時期に、同氏は液晶の分子を一様に配列させることやその方向を制御することが、将来の液晶ディスプレイの最も重要な基盤技術となることを予想してその研究に注力した。その結果、基板表面に吸着した微少な不純物の影響や基板表面のミクロな構造と液晶の配向の解析から、基板表面と液晶との分子間相互作用が液晶の配向の支配的な要因であることを明らかにした。また、基板表面の配向処理が表面付近の液晶の配向秩序度に重要な影響を及ぼすこと、それによって液晶の表面配向力の強さ(アンカリング強度)が支配されることなどを明らかにした。これらの成果は、その後始まった液晶ディスプレイの生産の過程で、再現性や精度の高い生産技術の確立に大きく貢献している。これらの成果に対して国内外から多数の賞が授与されている。

[2]液晶ディスプレイの高性能化
  同氏は液晶ディスプレイの高性能化を目指して幅広く研究を行い、フルカラー液晶ディスプレイの実現や広視野角、高速化を達成している。具体的には、まず液晶と2色性色素を用いるゲストホスト方式(GH方式)に着目し、液晶に添加する2色性色素の設計と合成、液晶や色素の分子配向および入射偏光の制御、2層型GH方式の考案などを行い、色純度とコントラストを著しく向上させた。その結果、単色カラー液晶ディスプレイとして事務機器や自動車用ディスプレイに実用された。次いで、フルカラー液晶ディスプレイの研究に着手し、最終的に加法混色の原理を用いて、液晶セル内の微少な電極に赤、緑、青の微細なカラーフィルタを密着させたフルカラー液晶ディスプレイを考案した。しかし、その実現には、当時の色素型や干渉型のカラーフィルタは数十~数百μmと厚く、液晶セル内に導入するのに大きな障壁となった。研究を重ねた結果、色素型カラーフィルタを印刷した後、焼成によってバインダー樹脂を昇華させて色素だけを残すことで厚さを著しく減少させることに成功した。これに保護膜を塗布して1μm以下のカラーフィルタを実現し、初めてカラー液晶ディスプレイを試作し、この方式の妥当性と有効性を実証した。続いて、フォトリソグラフィによる薄くて微細なカラーフィルタの実現に成功したこれによってフルカラー液晶ディスプレイが実現し、これが今日のカラー液晶テレビやノートパソコン、携帯電話などに広く使われている。その後、同氏はさらにバックライトを取り除いた超低電力の反射型カラー液晶ディスプレイの研究に取り組み、理論と実験を駆使して最終的に紙と同程度の明るさと質感を達成した。これが、電子手帳、携帯ゲーム機などに実用されると共に白黒の携帯電話用ディスプレイのカラー化を達成させた。さらにこれが新たな小型高精細液晶ディスプレイの分野を産み出し、各種のモバイル機器や今日のスマートフォンへの流れを作っていった。

一方、液晶の配向構造や複屈折フィルムの光学設計により、液晶ディスプレイの弱点であった視野角の狭さ、応答速度の遅さなどを次々と改善して、その高性能化を達成している。これらのカラー化や高性能化の業績に対して国内外から多くの賞が授与されている。

なお、内田氏はこれらの研究開発を通して液晶および映像情報分野の発展に実質的貢献をすると共に、映像情報メディア学会会長、日本液晶学会会長、電子情報通信学会専門委員会委員長、応用物理学会理事、評議員、International Liquid Crystal SocietyのBoard member、International Liquid Crystal Conference実行委員長、International Display Workshops組織委員長などを歴任し、学術分野や業界の発展にも大きく貢献してきた。

高柳健次郎業績賞 2016年受賞者

高柳健次郎業績賞 歴代受賞者(別ページ)矢印

「情報空間におけるインタラクション技術に関する先進的研究」

稲見 写真

稲見 昌彦

(東京大学 先端科学技術研究センター 教授 1972年生)

[学 歴] 1999年 3月 東京大学 大学院工学系研究科 先端学際工学専攻修了 博士(工学)
[職 歴] 2001年 4月 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 助手
2005年 3月 マサチューセッツ工科大学 コンピュータ科学人工知能研究所
Visiting Scientist(併任)
2006年 4月 電気通信大学 電気通信学部 知能機械工学科 教授
2008年 4月 慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科 教授
2016年 4月 東京大学 先端科学技術研究センター 教授
  ● 主な受賞等
2004年 3月 IEEE Virtual Reality Best Paper Award
2009年 8月 ACM SIGGRAPH Best of Emerging Technologies
2011年 4月 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
2012年 3月 情報処理学会長尾真記念特別賞

主な業績内容

情報処理技術を含めた工学は、これまでもっぱら物質的な豊かさを追求してきた。しかし現在は物質的な豊かさが飽和状態に達しつつあるので、これからの工学は人類の幸福追求という原点に立ち戻る必要がある。よって世界的にも情報技術を生活の質的向上に役立て、心を豊かにすることを目指した研究は大きな流れとなりつつある。

バーチャルリアリティをはじめとするユーザインタフェースの分野は先端機器をより使いやすく、便利なものとするため、世界各国で活発に研究されている。しかしながらソフトウエアのみの研究が多く、ハードとソフトを適宜組み合わせることで五感とインタラクションを可能とする研究に関しては稲見昌彦氏が第一人者であり、米MIT MediaLab、仏INRIA、シンガポール大学等と当分野のトップレベルの研究所と国際共同研究を行っている。

稲見氏は、大学院博士後期課程(平成8年)より現在まで、東京大学、電気通信大学、慶應義塾大学において、バーチャルリアリティ、ロボット、ヒューマンインタフェース等の分野において情報空間におけるインタラクション技術に関する先進的な研究開発に取り組んできている。

(A)再帰性反射材を利用し、実空間と情報空間を自然に重畳可能とする「再帰性投影技術」、(B)ロボットをインタフェースとして利用する「ロボティク・ユーザ・インタフェース(RUI)」 、(C)コンピュータビジョンの双対といえる「ディスプレイベースドコンピューティング(DBC)」、(D)人間の感覚・表現を拡張するための技術「自在化工学」などにおいて大きな業績を上げてきており、学会や論文においても多くの発表を行っている。現在、(A)に関しては、胸部外科手術を支援する「Virtual Slicer」や自動車の後部座席やピラーが透明になったかのように外部環境を提示し、運転時の死角を低減する「透明コックピット」などの実用化に向けた研究開発が行われており、また(B) は、「 IP RobotPHONE」として製品化され、内外の大学、研究機関、科学館で広く利用されている。 また、(C)の技術はモーションキャプチャ、可視光通信、ロボット制御など広い分野に応用されつつあり、また、 (D)に関しては、「 SmartTool」「前庭感覚インタフェース」など感覚を拡張する技術を多数開発しており、当該分野に関する国際会議「Augmented Human Conference」の設立・運営に携わっているほか、「 超人スポーツ協会」を共同代表として設立し、自在化技術をスポーツを通し社会への普及を目指す産学連携の取り組みを行っている。

氏のこれらの研究は全て非常に高い評価を受けており、この領域において最も status の高い国際会議であるACM SIGGRAPH,SIGGRAPH Asiaでの査読付き実演展示部門Emerging Technologiesにおいて36件という多数の発表を行っており、2016年にはアジアから初の同部門のChairを務めている。

学協会等に関する貢献としては、日本バーチャルリアリティ学会やコンピュータエンターテインメント協会において評議員や理事を務め、また、国際会議においても多くの会で組織委員長や実行委員長などを務めている。

氏は、文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を始めとして非常に多くの賞(44件)を受賞しており、また、非常に多数(58件)の特許も取得しているなど、十分な実績を有しており、以上の先駆的な研究成果は学術分野にとどまらず、内外の報道機関により広く紹介されている。

稲見氏が情報空間におけるインタラクション技術の発展に貢献したことは国際的にも社会的にも高く評価されており、本賞を贈るにふさわしいものである。

高柳健次郎業績賞 2016年受賞者

高柳健次郎業績賞 歴代受賞者(別ページ)矢印

「8 K スーパーハイビジョン用イメージセンサの開発」

島本 写真

島本 洋
( 日本放送協会 放送技術研究所 テレビ方式研究部 上級研究員 1964年生)

[学 歴] 2008年 9月 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 後期博士課程修了
[職 歴] 1991年 4月 日本放送協会入局 金沢放送局技術部
2007年 7月 NHKエンジニアリングシステム出向
2010年 6月 日本放送協会 放送技術研究所 主任研究員
2014年 4月 日本放送協会 放送技術研究所 上級研究員
  ● 主な受賞等
2006年10月 SMPTE Journal Certificate of Merit Award
2013年 6月 Walter Kosonocky Award
2014年 5月 丹羽高柳賞 論文賞
2014年 5月 技術振興賞 進歩開発賞(研究開発部門)
2016年 5月 映像情報メディア未来賞 次世代テレビ技術賞

主な業績内容

高い臨場感と本物のような実物感を実現する8Kスーパーハイビジョン(以下、8K)は、超高精細映像を用いた次世代のテレビジョンシステムであり、2016年に試験放送が開始され、2018年には実用放送が予定されている。8Kを担う技術の中でもイメージセンサは、映像の画質を左右する重要なキーデバイスの一つである。島本 洋氏は、この8K用イメージセンサの研究開発を主導的に推進した。

8Kでは、画素数がハイビジョンの16倍(7680×4320画素、合計約3,300万画素)となる超高精細映像を用いている。その動画像を構成する1秒あたりの画像の枚数(フレーム周波数)は、これまで60 Hz(60フレーム/秒)が用いられてきた。しかしながら、次世代のテレビジョンシステムにおいて、スポーツ番組など動きの速い被写体でも鮮明、かつ、なめらかな映像として再現するためには、フレーム周波数を120 Hz以上に高める必要があった。そこで同氏らは、2012年に世界で初めて、画素数3,300万、フレーム周波数120 Hzの8K用イメージセンサを開発した。イメージセンサには、画素部で得られるアナログ信号をデジタル信号に変換するためのAD変換回路が内蔵されており、上記の画素数およびフレーム周波数で全画素の信号電荷量を欠落なく正確に読み出すためには、このAD変換回路の高速動作化が重要となる。また、高速動作はイメージセンサの消費電力の増加を招いてしまうため、その低消費電力化も課題であった。同氏らの研究グループは、高速動作性能に優れたサイクリック型AD変換回路を用い、さらに上位ビットと下位ビットの2段に分けて並列で動作させる技術を開発することにより、これまで困難であった高精細で、かつ、高フレーム周波数という相反する条件を、同時に実現した。さらに、AD変換回路を分割し1段あたりのビット数が減ると回路のアンプの消費電力も低減できることから、1段目と2段目のAD変換ビット数の最適な配分をシミュレーションにより計算し、AD変換回路全体の消費電力を低減した。これらの結果、開発したイメージセンサは、3,300万画素で、フレーム周波数120Hz、AD変換階調14ビット、出力データレート63.8Gb/s、消費電力3.2W、感度3.6V/lx・sを達成し、放送用カメラとして実用的な性能を実現し、大きな業績を挙げた。

同氏は、開発したイメージセンサを用いた8Kカメラの開発においても中心的な役割を果たした。2012年には120Hzで動作する3板式カラーカメラを開発した。2013年には1枚の撮像素子でカラー映像を撮影できる単板カラーイメージセンサを開発し、カメラヘッドの重量が2kgの超小型単板カラーカメラを開発した。2014 年には3板式カメラを広色域化し、国際規格(国際電気通信連合、ITU -R)の勧告BT.2020に完全準拠した、フルスペック8Kカメラを開発した。さらに2016年にはカメラをHDR化し、ITU-R勧告BT.2100にも準拠した。これらのカメラ開発は、早期に120Hzの8K映像を実現しただけでなく、国際規格化の推進にも大きく貢献した。

同氏は、8K用イメージセンサおよびカメラの実用化にも貢献した。イメージセンサは2016年よりメーカーから販売が開始され、またカメラは2015年に複数のメーカーから実用的な放送用8Kカメラが開発された。これらのカメラはすでに広く活用され、紅白歌合戦などの音楽番組、オリンピックなどのスポーツ番組、美術館や屋外でのロケーション撮影など、多くの番組制作に用いられている。

同氏らが開発したイメージセンサは、放送用途だけでなく、医療用途にも使用されている。2016年には、小型で高精細な内視鏡カメラが開発された。今後も放送、医療、科学、産業、セキュリティなど、幅広い分野への応用が期待される。